140年の歴史。ウィーンの老舗カフェCafé Landtmann(カフェ・ラントマン)でオーストリア料理を堪能

中欧4都市を周る旅行、2都市目はオーストリア・ウィーン。ウィーンといえば古くから受け継がれてきたカフェ文化が有名。せっかくなので老舗カフェへブランチに出かけてきました。

ウィーンのカフェ文化

ウィーンのカフェ文化は1683年のオスマン帝国によるウィーン包囲に端を発します。包囲開始から2ヶ月後にキリスト教国の援軍が包囲網を破り、ウィーンは解放されました。オスマン軍撤退後に残された物資の中のコーヒー豆を使って、最初のカフェハウスが始まったと言われています。

19世紀には作家や芸術家がカフェに集い活動するようになりました。カフェは教養の場、情報交換の場として機能していたんですね。

創業140年の老舗カフェCafé Landtmann(カフェ・ラントマン)

今回訪れたのはCafé Landtmann(カフェ・ラントマン)。1873年の創業以来、140年以上にわたりウィーンで愛され続ける老舗カフェです。

IMGP4681

入店〜注文の流れ

もっとカジュアルなカフェを想像していたので、着いて早々高級感溢れる店内に緊張。入店してから席につくまでの流れが分からず困惑したので、紹介しておきます。

店内に入ると正面にお手洗いに下る階段が見えます。その左手にクロークがあるのでまずはそこで荷物を預けましょう。

カフェ・ラントマンの店内には左右両方に喫茶スペースが設けられています。入って左手(ケーキのショーケースがある方)でウエイターの案内を待ちましょう。

IMG_2152

入り口近くには自由に読めるように新聞が数誌並んでいて、カフェハウスの伝統が垣間見えました。

数分待った後、着席。お店に入ったのはお昼時でしたが、最初に渡されたメニューに載っていたのは飲み物やスイーツなどのカフェメニューのみ。

IMG_2155

メニューのデザインにもセンスを感じます。全部食べてみたい…

IMG_2157

ランチのメニューはウエイターに声を掛ければ持ってきてもらえます。観光客にも人気のあるお店なのでやり取りはすべて英語で問題ありません。

IMG_2154

ページごとに違う言語が使われています。

IMG_2153

ウィーン名物も味わえる

注文を終えて料理を待っている間も絶えずお客さんが入ってきていました。この調子だとアフタヌーンティーの時間なんかはかなり混みそう。確実に入りたいなら午前中を狙ってみるといいかもしれませんね。

15分ほどで料理が運ばれてきました。まずは抹茶ラテ(5.7ユーロ=約700円)。

IMG_2160

甘さ控えめ、というか味が薄め?だったので砂糖を足しました。抹茶はほんのり感じる程度。わざわざここで頼まなくてもいいかな。

食事の1品目はグーラッシュスープ(牛肉の煮込み)。グーラッシュスープ発祥の地ハンガリーでは機会を逃してしまっていたのでメニューを見て即決。

IMG_2163

こちらはスモールサイズ(4.5ユーロ=約550円)ですが、多すぎず少なすぎずちょうど良かったです。スープは想像していたよりあっさりした味で、具材がコロコロたっぷり入っています。一緒に付いてきたパンも塩がきいていて美味しかった。

スモークサーモン(11.5ユーロ=1400円)も頼みました。

IMG_2164

ハーフサイズを注文しましたが厚みのあるサーモンが3、4枚乗っていて写真以上のボリューム。付け合わせのバターが美味しくてものすごい勢いで完食してしまいました。

私の中のイングリッシュマフィンと言えば周りに粉が付いたカリッもちっとしたパンですが、こちらはふかっとした食感。スモークサーモンが引き立つ味でした。

デザートメニューの中から選んでみたのはウィーン名物アプフェルシュトゥルーデル(7ユーロ=約850円)。りんごのフィリングがシュトゥルーデルと呼ばれるパイ生地のようなものに包まれているスイーツです。

IMG_2165

カスタードソースの海に浮かぶアプフェルシュトゥルーデルは圧巻。見た目通りしっかり甘さはあるものの、生地が薄いので重すぎず美味しかったです。

周りを見渡すと飲み物だけ、デザートだけ、という人も結構いました。むしろ食事をしている人が少数派だったくらい。こんな素敵な雰囲気の中リーズナブルにお茶できるなんていいなあ。

IMG_2171

こちらの芸術的なケーキたちは持ち帰りもできます。

支払い

ウィーンにはチップの文化があってレストランでは合計金額の5〜10%を置いていくのが一般的。端数は切り上げるのがいいとされています。もちろん明確なきまりは無いので状況に応じて判断してください。

ちなみにクレジットカードでの会計の際、ウエイターから直接「チップはどうされますか?」という質問が。チップを払う旨を伝えると機械にチップ額入力画面が表示され、自分で金額を打ち込めるようになっています。その後食事と合わせてお会計です。

間近にウエイターがいるので若干のプレッシャーを感じつつ、スマートに支払い完了です。

Café Landtmann
住所:Universitätsring 4, 1010 Wien, Austria
電話番号:+43 124100100
営業時間:月〜日 7:30-24:00
公式HP:www.landtmann.at

東京でウィーン気分

こちらのカフェ・ラントマンは日本上陸済み。なんと海外第1号店なんだそう。東京は青山に行けばいつでも本格的なウィーン料理を堪能できます。

メニューは本店のものをそっくりそのまま、とはいかないもののグーラッシュやヴィナーシュニッツエル(仔牛のカツレツ)などの伝統的なオーストリア料理を食べることができます。セットメニューも豊富なので、お近くの方は東京でウィーン気分を味わってみてはいかかでしょうか?

カフェラントマン青山店公式HPはこちら。

http://www.giraud.co.jp/landtmann/index.html

最後に

歴史あるウィーンのカフェハウス、カフェ・ラントマンでは比較的お手頃な価格で優雅な時間を過ごせました。カフェ文化が発展しているウィーンには老舗からモダンなカフェまで魅力的なお店がたくさん。ぜひお気に入りを探してみてください。

中欧旅行の記事はまだ続くのでお楽しみに!