朝食やおやつにもおすすめ。パリで1番美味しいパン屋さんの見つけ方

チーズにワインにスイーツ。フランスには魅力的で奥が深い食べ物がたくさんあります。なかでも忘れてはいけないのがパン。こちらに来てから何度も驚いたのがフランス人のパン消費量。つい先日もレストランで相席になった老夫婦のご主人がかごいっぱいのバゲット(フランスパン)を完食しているのを見かけました。

パリNo.1のパン屋を決めるコンクール

ふらっと立ち寄ったパン屋さんが美味しかった、なんてことも多いフランスですが、旅行中の限られた時間にあてもなく動き回るのはタイムロスになりかねない…そんなときに参考になるのが毎年パリ市が開催しているパンのコンクール。数々の厳しい審査基準をクリアしたフランス人お墨付きのパン屋さんを見つけることができます。

La meilleure baguette de Paris(ラ・メイユール・バゲット・ドゥ・パリ)

La meilleure baguette de Paris(ラ・メイユール・バゲット・ドゥ・パリ)は1994年に設立されました。毎年パリ市が開催するこのコンクール。優勝者にはメダル賞金4000ユーロ(約46万円)に加えて、フランス大統領官邸エリゼ宮に1年間パンを届けるという名誉ある任務が与えられます。

BOULANGERS

Les Boulangers Pâtissiers du Grand Paris公式HPより引用)

厳しい審査基準

パリのパン屋さんにとっての登竜門とも言えるコンクールに参加するためには厳しい審査基準をクリアしなければいけません。参加者に課された最低条件がこちらの3点。

  • 全長55〜65センチであること
  • 250〜300グラムであること
  • 小麦粉1キロにつき18グラムの塩を含んでいること

ポイントとなる5つの審査基準も公表されていて、上位を狙うためにはこちらもおさえておかないといけません。

  • 焼き加減
  • 風味
  • 中身
  • 香り
  • 見た目

フランスの国民食とあってかなり細かくチェックされるようです。毎年200ものパン屋さんがコンクールに挑みます。

その他のコンクール

バゲット以外にもパリのパン屋さんが自慢の品で競い合うコンクールが存在します。そのうちの1つがLe meilleur croissant de Paris(ル・メイユール・クロワッサン・ドゥ・パリ) です。クロワッサンもフランスで食べられるパンの大定番。美味しいパン屋さんを見極める基準になるのも納得です。

ちなみに正確に言うとフランス語のpain(パン)は菓子パンと区別されていて、フランスパンや食パンなどのシンプルなものを指します。クロワッサンやパイなどバターをたっぷり使った菓子パンはvienoiserie(ヴィエノワズリ)と呼ばれています。

以前ご紹介したフランスの新年のお菓子ガレット・デ・ロワも、美味しいパン屋さんをめぐる議論の際には結構盛り上がるトピックなんですよ。

【ガレット・デ・ロワの記事はこちら:フランス流お正月の過ごし方。Galette des Rois(ガレット・デ・ロワ)で新年の運試し

見事第1位に輝いたパン屋

コンクールを勝ち抜いたパン屋さんには、勝利の象徴である月桂冠が描かれたステッカーが貼られています。パン屋さん探しの際は参考にしてみてください。

IMGP6290

では私が実際に訪れたパン屋さんをご紹介します。

2016年度バゲットコンクールの勝者La Parisienne(ラ・パリジエンヌ)

2016年度のバゲットコンクールで名誉ある賞を受賞したのがパリ6区にあるパン屋さん、La Parisienne(ラ・パリジエンヌ)。若手のパン職人の受賞とあってかなり注目されたようです。

写真はLa Parisienneの経営者 Michael Reydelet さん、 Florian Charlesさん。

la parisiennne

参考記事はこちら。

http://www.lefigaro.fr/sortir-paris/2016/03/18/30004-20160318ARTFIG00304-la-meilleure-baguette-de-paris-de-retour-rive-gauche.php

フランスにいるからには美味しいバゲットを食べたい!と意気込んで、パリ滞在中に朝ごはんを求めて行ってきました。

IMG_2494

もちろんバゲット以外のパンも購入できます。値段もお手頃でいろいろ試せるのがいいですよね。

IMG_2483

店内に飲食スペースは無いものの暖房付きのテラスで買ったものをすぐ楽しむことができます。この日は小雨の寒い日でしたが結構くつろげました。

IMG_2496

迷った末に選んだのがこちら。左からバゲット、パン・オ・ショコラ、ルレ・ショコ・フランボワーズ、クロワッサン、カプチーノ。確か全部で8ユーロ(約930円)くらいでした。

IMG_2486

甘い菓子パン系も美味しかったですが、1番印象に残っているのはやはりバゲット。カリッとした外側と対照的に中はもちもちしていてずっと噛んでいたくなります。何も付けなくても美味しくてお昼前なのにほぼ1本完食…demie(ドゥミ)という半分サイズも売っているので、ぜひ試してみてください!


LA PARISIENNE
住所:48 Rue Madame, 75006 Paris
電話番号:+33 09 51 57 50 35
営業時間:日〜火曜、木〜土曜 7:00-20:00
休業日:水曜

Laurent Duchêne(ロラン・デュシェンヌ)の絶品クロワッサン

パリ13区に本店を構えるLaurent Duchêne(ロラン・デュシェンヌ)。こちらはパン屋さんではなくパティスリー(ケーキ屋さん)ですが、入り口付近の目立つ場所におなじみのマークを発見。早速入ってみました。

IMG_3738

13区は観光するにはあまりメジャーでない地区ですが、美味しいレストランや本格的でリーズナブルなアジア料理店もあるので足を延ばす価値あり。

店内には見ているだけでうっとりするようなスイーツの数々。

IMG_7040

パンの種類も充実。バターのいい香りが広がっています。

IMG_3739

ショーウィンドウの張り紙には「当店ではAOPバターのみを使用しています」と書かれています。AOPというのはAppelation d’origine protégée(アペラシオン・ドリジンヌ・プロテジェ)の略称で、酪農製品を中心に品質の高さを保証するEU共通で定められた制度のこと。数少ない高品質バターの中でも、こちらのお店ではPoitou Charente(ポワトゥ・シャラント)というブランドを使っているそう。

今回購入したのはこちら。左からパピヨン・ショコラ(パピヨンはフランス語で蝶の意)、クロワッサン、パン・オ・ショコラ。それぞれ1.2〜1.3ユーロ(約140〜150円)でした。

IMG_3741

このクロワッサンが絶品!バターの風味は濃厚なのにサクッサクの軽い食感で一瞬でお腹の中へ消えました。甘さ控えめのチョコレートがたっぷり織り込まれたパピヨン・ショコラもお気に入り。

ボリュームも値段もおやつにちょうどいいですね。


Laurent Duchêne
住所:2 Rue Wurtz, 75013 Paris
電話番号:+33 01 45 65 00 77
営業時間:月〜土曜 7:30-20:00
定休日:日曜

最後に

パリでは毎年パンやお菓子に関するコンクールが多数開催されています。パン屋さん探しに困ったら店先のマークをチェックするのがおすすめ!フランス人プロが認めた美味しいパンに出会えるかも。

今後もフランスの食情報をお届けするのでお楽しみに。