パリから電車で1時間。フランス北部の都市リールの人気カフェ

フランスと聞くと花の都・パリを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。もちろん歴史ある芸術や料理、最先端のファッションに気軽に触れられるパリも魅力的ですが、フランスの地方都市にもまだまだ知られていない魅力がたくさん。今回は私が約1年暮らしたフランス北部・リールのおすすめカフェをご案内します。

リールってどんな街?

日本ではあまり聞き馴染みがないですが、リールは人口23万人以上の比較的大きな都市。大学をはじめ多くの教育機関が存在するリールには学生が多く、15〜29歳の人口は全体の1/4を占めているんだとか。中心部はほどよく活気があり、とても暮らしやすい街です。

IMG_8162

TGV(Train à grande vitesse、高速電車)に乗ればパリから1時間の距離なので、旅行中に日帰りで観光、なんてこともできちゃいます。現地でしか食べられない北部の名物料理も美味しいのでぜひお試しあれ。

Cafés Méo (カフェ・メオ)

リールの繁華街の中心部に位置する広場Grand place(グラン・プラス)。噴水に腰掛けて読書をする人や、テラス席でビールを片手に談笑する人。みんな思い思いの時間を過ごしています。

そんなグラン・プラスでおすすめなのがCafés Méo (カフェ・メオ)。Cafés Méoはドイツ占領下のベルギーから逃れてきたモクソンヌ兄弟の手によって、1928年にリールで生まれたコーヒーブランドです。

meo2

Cafés Méo公式サイトより引用)

店内にはリールの有名パティスリーAux Merveilleux de Fred(オ・メルヴェイユ・ドゥ・フレッド)も入っていて、名物のmerveilleux(メルヴェイユ)というスイーツを買うことができます。サクッと軽く焼き上げたメレンゲがクリームでコーティングされ、さらに削りチョコレートやクランチメレンゲがまぶしてあってとっても美味しいんです。

IMG_3007

写真はキャラメルクリーム入りのLe sans-culotte(ル・サン・キュロット)とチェリー味のL’excentrique(レキサントリック)。ミニサイズは1つ2ユーロ(約260円)以下。

軽い口当たりではありますが、甘さはさすがフランスという感じ。méoのコーヒーと一緒に楽しむのがおすすめです。

商品を1階で注文・受け取りしたらテラス席か2階の喫茶スペースへ。

Selinaさん(@petiteselina)がシェアした投稿

グラン・プラスの美しい風景を眺めながらのひとときは至福です。
ちなみにméoのコーヒー豆はスーパーでも購入可能。お土産にもおすすめです。


Cafés Méo
住所:3-5 Place Charles de Gaulle, 59800 Lille, France
営業時間:月〜土曜日 8:00-19:00
定休日:日曜日

TAMPER ! Espresso Bar(タンペール・エスプレッソ・バー)

リールの旧市街Vieux  Lille(ヴィユ・リール)の小道を進んでいくと可愛らしいお店が並んでいます。その中の1つがTAMPER !というカフェ。

FullSizeRender

小洒落たドアをくぐると早速コーヒーの香りがしてきます。こだわりのコーヒー情報は店内のボードで確認してみてください。英語でも優しく対応してくれるので、気になるメニューは聞いてみるのもいいかもしれません。

こちらのお店でもう1つ目を引くのがこちらの手作りケーキたち。

IMG_5951

シンプルで美味しそうな品々にテンションが上がります。この日はマキアートとキャロットケーキを注文。

IMG_5952

小ぶりなカップ入りで綺麗な模様が描かれていました。酸味が弱めで飲みやすい。

IMG_5954

キャロットケーキはしっとりしていて、かぼちゃの種の食感がいいアクセント。甘さもくどくなく、スパイスの風味とクリームチーズフロスティングがよく合います。

お昼にはランチメニューの用意もあるみたいなので、ぜひ足を運んでみてください。


TAMPER ! Espresso Bar
住所:10 Rue des Vieux Murs, 59800 Lille, France
営業時間:日曜日 9:30-17:00 火〜土曜日 9:00-18:00
定休日:月曜日

L’impertinente(ランペルティナント)

リール市役所からほど近いところにあるカフェ、L’impertinente(ランペルティナント)

In a💭さん(@02143adsf)がシェアした投稿

若いご夫婦が経営しているとてもセンスのいいカフェで、居心地も抜群。リールの若者の間でも人気が高く、いつ前を通っても満席です。

この日注文したのは抹茶のケーキと紅茶(名前を控え忘れてしまいました…)。ブレンドティーの種類が豊富で選ぶのが楽しい。ちなみにお茶はティーポットでも頼めます。

IMG_1955

しっとりした生地にほんのり抹茶風味のホワイトチョコレートがかかっていて美味しい。濃厚な抹茶というよりは抹茶ミルクという感じ。

L’impertinenteはケーキに定評があり、ケーキだけテイクアウトしていくお客さんも多いようです。

ちなみにこちらのカフェから徒歩3分ほどのGare saint sauveur(ガール・サン・ソブール)という場所もおすすめ。昔の駅舎を利用したイベントスペースで、ほぼ毎週ユニークなイベントが開催されています。カフェでお茶するついでに足を運んでみてはいかかでしょうか?


L’impertinente
住所:9 Boulevard Papin, 59800 Lille, France
営業時間:水〜金曜日 13:00-18:30 土、日曜日 14:00-19:00
定休日:月、火曜日

Sweet Flamingo(スウィート・フラミンゴ)

ルーブル美術館に次ぐコレクション数を誇ると言われるPalais des beaux arts de Lille(パレ・デ・ボザール・ドゥ・リール、リール宮殿博物館)から徒歩5分。パステルカラーが可愛らしいカフェが見えてきました。

IMG_8193

Sweet Flamingo(スウィート・フラミンゴ)の店内にはその名の通りあちらこちらにフラミンゴが隠れています。ピンクが基調のとカラフルな内装ですが、けばけばしくはなくリラックスした雰囲気。

IMG_8194

カウンターのボリューミーなスイーツたちに目を奪われます。

IMG_8183

悩んだ結果Browkie(ブラウキー)とブラックコーヒーにしてみました。

IMG_8186

ずっしりとしたブラウニーの上にさくほろクッキー生地が乗った一品。カロリーのことは忘れて完食です。甘さは結構強いのでブラックコーヒーにぴったり。

店員さんも優しく、友達の家に遊びに来た感覚でついつい長居してしまいました。ゆっくりくつろぎたいときにおすすめです。


Sweet Flamingo
住所:24 Rue Nicolas Leblanc, 59000 Lille, France
営業時間:火〜金曜日 10:30-18:30 土曜日 11:30-18:30
定休日:日、月曜日

最後に

今回はフランス北部の都市、リールのおすすめカフェを紹介しました。フランスにはパリ以外にも魅力的な都市や風景、文化などが溢れています。少しだけ足を延ばしてお気に入りの場所を見つけてみてくださいね。