ローマ名物といえばカルボナーラ。イタリア・ローマの美味しいパスタが食べられるレストラン

日本でパスタを頼もうとすると必ずと言っていいほどメニューに載っているカルボナーラ。ローマで生まれたって知っていましたか?この記事ではイタリア旅行中に訪れたローマのおすすめレストランをレポートします。

イタリアの郷土料理

今回の旅行はフィレンツェ、ヴェネチア、ローマとイタリアを南下していくコース。訪れる先々で見かける料理や食材が結構違ったのが印象的です。「イタリアにはイタリア料理が存在しない」と言われるほど、地方によって特色があるイタリアの郷土料理をちょっとだけご紹介します。

北部(主要都市:ミラノ)

イタリア北部では米の栽培やアルプス山麓での酪農が盛ん。料理には生クリームやバター、チーズがたっぷり使われます。寒冷な気候を乗り切るために煮込み料理やジビエもよく食べられているそう。ミラノ風カツレツもバターで揚げ焼きにされていますね。

北西部のピエモンテ州ではチーズフォンデュが名物で、国境を接しているスイスやフランスの食文化にも少し似ているなという印象です。

中部(主要都市:ローマ、フィレンツェ)

北部と南部の食文化が交わるイタリア中部は温暖な気候で、オリーブやアーティチョークをはじめとする豊かな農作物に恵まれています。

この地域ではお肉もよく食べられます。かつては捨てられていた内臓を貧しい労働者身分の人々が美味しく食べようと工夫したことから内臓の煮込み料理が生まれ、今では代表的な郷土料理になりました。フィレンツェで食べたトリッパも美味しかったなあ。

【フィレンツェのレストランに関する記事はこちら:フィレンツェでのランチやディナーに。リーズナブルなトスカーナ料理レストラン

南部(主要都市:ナポリ)

海に囲まれたイタリア南部ではイワシやムール貝など新鮮な魚介をふんだんに使った料理が食べられています。

太陽のもとで育てられたトマトやオリーブをたっぷり使ったスパゲッティやピッツァも南部の名物。バジル、モッツアレラ、トマトでイタリアの三色旗を表現したピッツァ・マルゲリータは日本でも定番ですね。

ローマ名物カルボナーラ

イタリアの首都・ローマの名物と言えばなんといってもカルボナーラ。ローマで絶対に食べようと心に決めていました。実食の前にカルボナーラについてさっとおさらい。

カルボナーラの起源

カルボナーラの起源は諸説ありはっきりとしたことは分かっていませんが、面白い小話を見つけました。

その昔、手に付いた炭から着想を得た炭焼き職人が、ブラックペッパーを炭に見立ててスパゲッティにぱらぱらとかけたそう。イタリア語で炭はcarbonaio。そこからカルボナーラの名が付いたんだとか。また、具材にはカロリーの高いチーズや卵を使って重労働のエネルギーにしたそうです。

日本のカルボナーラとの違い

日本でよく食べられるカルボナーラは生クリーム入りのクリーミーなもの。一方、本場ローマでは卵とチーズでソースを作ることが多いそうです。

お肉の種類にも少し違いがあって、イタリアでは主に薫製されていないパンチェッタ(豚肉の塩漬け)やグアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)が使われます。

おすすめレストランOsteria del Pegno Roma

ネットの口コミを頼りにこの日向かったのはOsteria del Pegno Roma。ローマの郷土料理が食べられるレストランです。

IMG_4148

お店の場所は細い路地裏。なかなか見つけられず何往復もしてようやくたどり着けました。マットに大きく店名が書かれているのに意外と気付かないものです。

全体的にリーズナブルなメニューが嬉しい。

IMG_4141

迷うことなく心待ちにしていたSpaghetti alla Carbonara(スパゲッティ・アッラ・カルボナーラ)を注文しました。お値段9ユーロ(約1200円)でお財布に優しい。

待っている間パンと一緒にあまり馴染みのない棒状の食べ物が運ばれてきました。

IMG_4142

こちらはGrissini(グリッシーニ)と呼ばれるイタリア北西部発祥のパンの1 種。食感はカリっとしていてクラッカーのよう。塩気もあっておつまみ感覚。生ハムを巻いたりオリーブと一緒に食べたりすることも多いんだとか。

さて、待ちに待ったカルボナーラができあがりました。黄味が強い、見るからに濃厚そうなカルボナーラ。とてもいい香りです。

IMG_4143

もったり重めのソースがスパゲティによく絡みます。トッピングされたイタリア最古のチーズとも言われるペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)も美味。パルミジャーノも混ざっているようで、塩辛すぎずまろやかでした。

比較的空いていたからか、食後にLimoncello(リモンチェッロ)というイタリアのリキュールのサービスが。

IMG_4146

かなり甘めのレモン風味に油断してしまいがちですが、アルコール度数は30%以上のものがほとんど。得意じゃない人はお気をつけて。きゅっと飲み干してお店を後にしました。

ちなみにリモンチェッロはお土産用にも購入しましたよ。

【イタリア土産に関する記事はこちら:絶品パスタにオリーブオイル。イタリア・フィレンツェ中央市場のグルメ土産


Osteria del Pegno Roma
住所:Vicolo di Montevecchio, 8, 00186 Roma
電話番号:+39 06 6880 7025
営業時間:12:00-15:00、19:00-22:30
定休日:水曜日

最後に

今回はローマ生まれのカルボナーラが食べられるおすすめレストランを紹介しました。料理の美味しさもさることながら、路地裏にひっそりと佇むお店は居心地がよかったです。イタリアにご旅行の際はぜひOsteria del Pegno Romaで本場のカルボナーラを堪能してください!